科目概要

周麻酔器看護学演習Ⅰ(専門)

2 単位

1 年・前期

 麻酔に対する生体反応のモニタリングの知識と技術と総合力が身につく。モニタリングにより得られる情報を包括的に理解し、看護実践に活かすことができる。麻酔科指導医、周麻酔期看護師のもとで麻酔管理のシミュレーションが実施できる。

周麻酔器看護学演習Ⅱ(専門)

2 単位

1 年・後期

 周麻酔期の看護ケアの現状を把握し、看護実践上の問題を研究テーマとして具体化する。

​周麻酔期看護学課題研究(専門)

4 単位

2 年・通年

 麻酔実践の現場から問題を見出し、その問題を解決するために、周麻酔期看護学の実践における意義のある研究課題を設定し、適切な研究方法を選択の上、研究計画書を作成する。研究計画に基づきデータ収集・分析を行い、研究論文(修士論文)を完成させ、公表する。

​周麻酔期看護学実習Ⅰ(専門)

4 単位

​1 年・後期

 周麻酔期看護師がCureとCareの側面より包括的アセスメントを行うために、合併症のない全身麻酔事例において、周麻酔期の麻酔管理の流れと看護ケアに関する技術が実践できる

周麻酔期看護学実習Ⅱ(専門)

6 単位

​2 年・前期

 周麻酔期看護師がCureとCareの側面より包括的アセスメントを行うために、合併症のない全身麻酔事例において、周麻酔期の麻酔管理が指導のもと実践できる。周麻酔期看護師として求められる実践、教育、調整、研究に関する看護実践能力を修得する。
 

周麻酔期看護学実習Ⅲ(専門)

4 単位

2 年・通年

 本科目は、周麻酔期看護学実習Ⅱにおいて修得した、合併症のない全身麻酔事例に対する実践を基盤として、さらに複雑な病態を持つ事例を対象として実習を行う。具体的には、様々な診療科および術式の患者において特に麻酔管理時に注意が必要な合併症を有する事例に対する麻酔管理および麻酔に関する看護ケア技術の実践および修得を目指す。

周麻酔期看護学実習Ⅳ(専門)

2 単位

2 年・通年

 周麻酔期看護師の役割は、手術室内のみにとどまらず、麻酔処置を有する検査室や産科医療(無痛分娩時の麻酔)等の場においても、その活躍が期待されている。本科目は、周麻酔期看護師が手術室以外の麻酔処置を有する場において、麻酔管理に必要な技術の実施と患者の包括的アセスメントおよび看護ケアが実施できることを目標とし、それらの修得を目指す。

周麻酔期看護学特講Ⅰ(専門)

2 単位

1 年・前期

 周麻酔期看護師がCureとCareの側面より包括的アセスメントを行うために、人体の構造と機能は、患者の多様な病態変化を理解するうえで必須である。科学的根拠に基づいた麻酔管理における看護ケア実践のために必要な基礎知識を習得する

周麻酔期看護学特講Ⅱ(専門)

4 単位

2 年・通年

 本科目は、周麻酔期看護学実習Ⅱにおいて修得した、合併症のない全身麻酔事例に対する実践を基盤として、さらに複雑な病態を持つ事例を対象として実習を行う。具体的には、様々な診療科および術式の患者において特に麻酔管理時に注意が必要な合併症を有する事例に対する麻酔管理および麻酔に関する看護ケア技術の実践および修得を目指す。

周麻酔期看護学特講Ⅲ(専門)

4 単位

1 年・後期

 周麻酔期看護師がCureとCareの側面より包括的アセスメントを行うために、安全で有効な薬物管理に必要な生体と薬との関係、各疾病に使用される薬のメカニズムや周麻酔期に使用される薬物及び生体反応が理解できる。

周麻酔期看護学特講Ⅳ(専門)

4 単位

1 年・後期

 周麻酔期看護師がCureとCareの側面より包括的アセスメントを行うために必要な周麻酔期管理、麻酔科学、緩和医療の基本が理解できる。

周麻酔期看護学特講Ⅴ(専門)

1 単位

1 年・後期

 近年の医療の高度化・複雑化により、医療現場では患者の安全が危険に晒される状況が発生している。そのため、医療者は患者安全を学問として学ぶ必要性が認識されはじめている。本科目では、医療が本質的にもつ特性と危険性を理解し、医療事故防止のために行われてきたシステムアプローチ、そして近年重視されているチーム医療における質と安全の向上について教授する。

周麻酔期看護学特講Ⅵ(専門)

4 単位

1,2 年・通年

 周麻酔期看護師がCureとCareの側面より包括的なアセスメントおよび実践を行うためには、幅広い医学の知識が必須である。本科目では、本学の内科学・外科学の授業の中から履修生が必要とする分野を選択履修し、周麻酔期看護学の実践に必要な知識を習得することを目的とする。 

高度実践生理学・病態生理学(共通)

2 単位

2 年・前期

​ 複雑な健康問題をもった対象の病態生理学的変化について、エビデンスに基づいて解釈し、臨床看護判断を行うために必要な知識や思考過程・技術を得ることができる。

​高度実践薬理学(共通)

2 単位

1 年・後期

 緊急応急処置、症状調整、慢性疾患管理に必要な薬剤を中心に、薬剤使用の判断、投与後の患者モニタリング、生活調整、回復力の促進、患者の服薬管理能力の向上を図るための知識と看護技術を得ることができる。