看護生命科学領域

 今日の高度医療の進展や疾病構造の変化、高齢社会の進展に伴い、看護師は多様な健康レベルや看護場面に応じた高度実践能力と共にチーム医療を先導する役割が今、社会に期待されています。
​ このような中で看護生命科学領域は、人の身体の形態機能、病態生理、疾病やその治療、薬のメカニズムや使用法など看護学の基盤となる基礎医学・薬学の知識や技術を教授する領域です。

​ 本学看護学科では、基礎科目と看護専門科目をつなぐための連携教育プログラムを組んでいます。

p466ae000000kcqs.jpg

 また、臨床での患者さんの看護問題に対し、看護生命科学領域では、病態メカニズムから科学的根拠のある看護ケアを追及、看護学トランスレーショナルリサーチとして研究を展開します。

使用写真とポンチ絵_2022052.png